鈴木の既読スキップ

大人ゲーマー鈴木が新旧ゲームについてアツく語る!

PS4『シェンムーⅠ&Ⅱ』が70%OFF!1,316円で横須賀と中国を駆け巡ろう!

十分元がとれる、断言したい


セガのゲームのGWセールがいよいよ始まった。セール期間は4月27日(水)~5月11(水)となっている。

 

好評配信中のアニメ『シェンムー・ジ・アニメーション』の原作ゲーム、PS4ソフト『シェンムーⅠ&Ⅱ』もセール対象作品となっており、PlayStation Storeにて定価4,389円のところを70%OFF1,316円で購入できる。

 

 

・『シェンムーⅠ&Ⅱ』とは

シェンムーⅠ&Ⅱ』は元々ドリームキャストで発売された『シェンムー 一章 横須賀』とその続編である『シェンムーⅡ』を1本にまとめたソフトである。

 

父の仇である藍帝を追って、主人公の涼が長い旅に出る物語である。

涼の地元である横須賀を舞台にした作品が『一章 横須賀』、異国情緒あふれる中国へとステージを移したのが『Ⅱ』である。

 

ゲームのメインは町の人への聞き込みを中心としたアドベンチャーパートだが、時折バトルやQTEといったアクション要素も挟まり、プレイヤーを飽きさせない作りになっている。

 

 

・ゲームの中で聖地巡礼!?

現在第3話まで配信されている内容を見る限り、アニメのストーリーは『シェンムーⅠ&Ⅱ』をベースに、ゲームに忠実な部分と、作品を深堀りするために加えられたオリジナル要素とがミックスされバランス良く仕上がっていると感じられる。

 

ロケーションについては、ほぼゲーム通りに作られていると思われる。

今まで登場している横須賀の風景は、自分のようにクリア済みのプレイヤーにとっては見知った場所であり、一瞬しか映らない場所でもそれがどこなのか判別でき、そのスケール感などもおおよそ検討がつくだろう。

 

逆にアニメで興味を持って『シェンムーⅠ&Ⅱ』をプレイする初見の人にとっては、ゲーム内で実際に歩く横須賀の町はまた違ったものに感じられるはずだ。

 

まず芭月家から始まって、原崎が登場した公園、トムのホットドッグ屋、ラーメン店などアニメで描かれていた場所に自分が涼を操作して訪れる体験は、あたかも「聖地巡礼」のようである。

 

この店はここにあったのか、こんなに広かったのかなどと新鮮な驚きを感じながらゲームをプレイできるのかと思うと、初見の人が少しうらやましい。

 

 

・アニメに追いつける?

早くストーリーの先を知りたくてウズウズしてゲームに手を伸ばした人もいるだろう。

今からプレイしてガンガンストーリーを進めれば、GW中にアニメに追いつくことも可能だと思われる。

 

とはいえ、『シェンムーⅠ&Ⅱ』にはプラスアルファの要素として、町の人と世間話をしたり、ゲームセンターへ行ったり、ガチャガチャをしたりといった体験が用意されている。

 

これらはストーリー中心のアニメでは味わえないゲームならではの醍醐味でもあるので、余裕があればそれらの要素も楽しんでもらえたらと思う。

 

 

・アニメのその先へ。『シェンムーⅢ』

気が早いが『シェンムーⅠ&Ⅱ』を楽しんでもらえたなら、続編となる『シェンムーⅢ』もぜひチェックしてもらいたい。

シェンムーⅢ』は2019年にPS4/PC向けに発売されたシリーズ最新作となる。

 

この『Ⅲ』ではアニメで少女シェンファのパートに出てくる白鹿村がメインの舞台となっている。

昔語りの葉(ヨウ)ばあさんや、シェンファになにかとスルーされがちな青年名洋(メイヨウ)も実際に登場するキャラクターである。

 

横須賀からはるばる白鹿村まで来た涼がどんな体験をするのか。

ぜひ楽しみにしてもらいたい。

 

 

・かつて『シェンムー』をプレイした人に

今回の記事では初見の人を対象に書いたが、もちろん、ドリームキャスト版以来ひさびさに『シェンムー』がプレイしたくなったという人も多いだろう。

 

PS4版では建物に入った時のロード時間が圧倒的に短くなったことをぜひお伝えしたい。

 

そして、『シェンムーⅢ』が出ていたことを知らなかった人もいるかもしれない。

プレイ感覚は完全に『Ⅰ&Ⅱ』と同じなので、あの雰囲気が好きだという人はぜひ遊んでみてもらいたい。

 

 

・最後に

今回のアニメ化で新しく『シェンムー』を知る人が増えたことも、毎日『シェンムー』の話題を目にすることも、どちらも長い間ファンをしてきた身からすると嬉しくて仕方ない。

 

ぜひとも原作である『シェンムーⅠ&Ⅱ』をプレイして、その面白さを体験してみてもらいたい。

そして涼のたどる未来について、共に思いを馳せてほしいと思わずにはいられない。