鈴木の既読スキップ

なつかしゲームから最新ゲームまでアツく語る!

【第2弾】『ファッションドリーマー』春のパンクまつり&なりきりアイドル!

2024年もはじまってもうすぐ2週間。

年末年始に遊び始めたタイトルをそろそろクリアしているという人も多いだろう。

自分は11月に発売された『ファッションドリーマー』に相変わらずハマっている。

 

 

今年発売されるゲームで気になる作品も多数あり、それについてはいずれ期待作として別途語る記事を書きたいと思っているが、

ひとまず今日は『ファッションドリーマー』を語る回とさせてもらいたい。

 

 

前回、【新春特別企画】としてファッションショーを開催したが、

 

gameandbooknadonado.hatenablog.com

 

今回はその【第2弾】である。

前回はおじさん&少女エミリーのダブル主演だったが、今回はエミリースペシャルとして彼女に2つのジャンルのファッションに挑戦してもらった。

 

 

 

1:パンクファッションにチャレンジ

まずは春のパンまつりとあるように――なんとパンクだ。

このジャンルを選んだ理由の1つに『ファッションドリーマー』でパンクファッションをチョイスしているプレイヤーが少ないということが挙げられる。

どうせやるなら他の人のやっていないことをした方が面白い、と思ったからである。

なおかつ未開拓ジャンルの中からパンクを選んだ理由としては、

「パンクファッションって何?」と長年疑問に思っていたのでこれを機に理解を深めてみようと考えたからだ。

 

 

自分とパンクファッションとの繋がりは、自分の人生ベスト3に入る名作ADV『ライフイズストレンジ』(スクエアエニックス/2016年)に登場するキャラクター・クロエの服装がパンクだったことに始まる。

主人公の親友として登場する青い髪の少女がクロエである。

 

作中でパンク少女だと呼ばれている

 

さらに、作中で主人公の少女マックスがクロエに服を借りるシーンがあるのだが、その際に着るチェックのシャツがパンクファッションだと言及されている。

ゲームをプレイしながら自分は不思議に思った。

「これ、どのあたりがパンクなんだろう。ただのチェックのシャツにしか見えないけど……」

 

 

前置きが長くなったが、そんな経緯もあってパンクファッションにチャレンジしてみたのである。

今回エミリーには『ライフイズストレンジ』クロエをリスペクトした青い髪色にしてもらった。

その他にもパンクっぽいメイクを施してみた。

変身した姿はこちらである。

 

 

Before→After

Ⓒ2023 Marvelous Inc.

 

 

変わり過ぎである。

しかし顔立ちには手を加えておらず、ヘアメイク+各パーツのカラーの変更をしただけなのだがかなり雰囲気が違って見える。

ちなみに今回も参考資料としてイラストレーターのための 現代ファッション大図鑑』を用いた。

 

 

まずは『ライフイズストレンジ』イメージのパンクファッションからお披露目したい。

 

クロエのニット帽+ダメージデニム+黒ブーツに加えて、マックスが借りたチェックシャツに似たアイテムを着せてみた。

どうも調べると、赤×黒がパンクファッションに多く用いられる色の組み合わせのようで、画像検索でもこればかりヒットする。

その中でもとくに「パンクファッション 女性」でたくさん目にしたのが次の画像に出てくる赤いチェックのスカートだ。

 


ちなみにさきほどのチェックシャツもこのスカートも今回の企画に合わせて作成したオリジナルアイテムである。

このスカートに白黒ボーダーの靴下を合わせるコーディネイトが多かった。

あとはバンドTシャツが基本アイテムのようなので、できるだけそれらしいものを用意してみた。

少々可愛らしすぎるが……。

 

 

白×黒ボーダー以外にも、赤×黒ボーダーもよく用いられる組み合わせのようである。

 

 

見えづらいが、下には裾がダメージ加工されたデニムのショートパンツを履いている。

パンクと言えば引き裂かれた服がマストなのだそうだ。

あとはスタッズもパンクの基本らしく、ちょうどいいジャケットを持っていたので赤×黒チェックのズボンと共に着せてみたのがこちらである。

 

 

個人的にこのコーディネイトが一番パンクっぽい仕上がりになった気がする。

そんなわけで満足してパンクファッションのターンを終えることにしたい。

ひたすらハードな雰囲気を追求して表情もクールにしたので、なんだかいつになく迫力のあるコーディネイトが続いた感じになった。

 

 

 

2:アイドルファッションでカワイイを極める!

ここからは一転して、思わず笑顔になってしまうような「カワイイ♥」を追求してみたいと思う。

カワイイの極致とは――アイドルである!!

と定義してエミリーをジャパニーズアイドルに見立てて着せ替えをしていく。

 

 

アイドルというファッションジャンルは『イラストレーターのための 現代ファッション大図鑑』には載っていないので、

ほぼ自分の中のアイドルのイメージ&ネット検索から作り上げたコーディネイトである。

まずはヘアメイクチェンジだ。

 

Ⓒ2023 Marvelous Inc.

 

いつものエミリーをベースに、髪色を黒、メイクをちょっと華やかにしてみた。

この髪型はおそらくプレイヤー人気No.1なのではないかというほどよく見かけるので、

万人に愛されるアイドルにはうってつけではないかと思いチョイスしてみた。

 

 

『ファッションドリーマー』はトップス・ボトムス・アウターなどを組み合わせてコーディネイトをしていくのが基本だが、

カテゴリのひとつにある「ワンピース」は、これ一枚着て靴を履けばもう完璧!というくらい手が込んでいて、ラインナップも充実している。

自分はコーディネイトをするのが楽しかったのでこれまではあまり着せてこなかったのだが、せっかくの機会なのでここぞとばかりに手持ちのワンピースを最大限活用してみることにした。

 

 

まずはステージ映え間違いなしのこのワンピースである。

 


ウサギやチェシャ猫などが描かれているため、おそらく不思議の国のアリスをイメージした一枚である。

ここまで完成度の高いアイテムに、いったいどう手を加えたらいいのだろうか?

バランスをとるべく華やかな印象のパンプスを合わせてみた。

歌番組というよりライブツアーで着そうなゴージャスなアイドル衣装だ。

 

 

次はさっそくだがなんとワンピースではない。

上下別々の服だが、セットで着ることを想定して作られたと考えられる。

初めて見た時に、「なんか普段着というより”衣装”って感じがするな」と思ったアイテムだ。

 

 

どちらかというと親近感を覚える雰囲気のアイドル衣装である。

自分のイメージでは、アイドルはよくブーツを履いている気がするのだが、踊りやすいからだろうか。

頭につけた大きなリボンがアイドルっぽいと思っている。

 

 

また、自分の中にはアイドルといえば制服風の衣装、というイメージがある。

それにふさわしいのがこの一着である。

 

 

セーラー服風のワンピースに一体どんな靴を履かせたらいいのか悩んだが、「女性アイドル 靴」で検索して出てきた画像でローファーを履いていたのでそれに倣ってみた。

ワンピースの完成度が高いので、誰が見ても「カワイイ!」と思えるコーディネイトになったのではないだろうか。

 

 

最後は「これぞアイドル!」という衣装である。

なんとアイテム名が「ドリーミンアイドルコーデセット」なのでこれはもう公式が太鼓判を押しているのである。

 

 

ふくらんだスカートが特徴的な、かなりポップでキュートな衣装である。

おへそが見えるデザインに初めはちょっと驚いたが、全体的にファンシーな雰囲気の衣装なので健康的な肌見せファッションに仕上がっていると言えるだろう。

靴も専用のものなので、自分は帽子とイヤリングを選んだだけである。

ワンピースだと本当にやることがほぼないのである。

とはいえNPCやオンラインの他のプレイヤーにワンピースを着せるときは、手抜きコーディネイトに見えないように、蛇足だと思いつつもカーディガンやジャケットを着せるようにしている。

どちらもスカートのふくらみがつぶれないように短めの丈のものを選んでいるが、バリエーションがあまりないためいつも同じものを着せてしまうことになる。

ショート丈の上着がもっと増えてくれたらうれしいのだが……。

 

 

というわけで、ひたすら「これはアイドルっぽいかな?」と自問自答を繰り返しながら選んだコーディネイトは以上である。

最後にステージ後の私服オフショットを載せてアイドルっぽさを増してみる。

 

 

自分はカワイイものを見るとなんだか心が安らかになる気がするのだが、どうだっただろうか?

この記事を思いついたおかげで、今までタンスの肥やしになっていたカワイイワンピースがようやく日の目を見ることができ、我ながらナイスアイディアだったと自己満足している。

 

 

 

3:まとめ

パンクファッションはいろいろな資料を元に学びながら作り上げたコーディネイトであり、アイドルファッションは自分の中にあるイメージを具現化させたものだった。

それぞれ脳の違う部分をフル活用しているような感覚があり、非常に面白い経験だった。

自分の好きなジャンルのコーディネイトを試しつくしたらもう『ファッションドリーマー』のプレイはおしまいになるかと思っていたのだが、

考えていた以上に幅広いプレイができる奥深さを持っていた。

その可能性はゲーム内で手に入れたが使い道の分からないアイテムであったり、自分のまだ開けていない引き出しに眠っているのかもしれない。

 

 

だが自分がこうしていろいろなジャンルに挑戦しつつ『ファッションドリーマー』を遊び続けているのも、オンラインモードやX(旧Twitter)やブログという発表の場があるからだとも思う。

もちろんこのゲームはオフラインで遊び、ひたすら自分が納得できるファッションを追求するという楽しみ方もできる作品ではあるが、

我ながらよくできたと思えるコーディネイトを人に見てもらうことには格別のワクワク感がある。

今後もなにか新しいアイディアを思いついたら記事にしていこうと思う。

よければまた読んでもらいたい。

 

 

 

おまけ

今回出番のなかったジョージおじさんの唯一のパンクファッションを公開!

 

Before

                                                                    ↓

                            ↓

                    ↓

After

 

パンクにもほどがある。

 

 

 

===========
LIFE IS STRANGE (C) 2015-2022 Square Enix Ltd. All rights reserved.
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
===========