鈴木の既読スキップ

なつかしゲームから最新ゲームまでアツく語る!

本日発売!語らせて!『7 Days to End with You』ファーストインプレッション

え?何だって?


PCとスマホで高評価だったADV、ついに本日Switch版が発売された『7 Days to End with You』みなさんはさっそくやってるだろうか?

知らない言葉を話す女性と会話をするゲームであり、自分はIndie Worldかなにかの配信で見かけてから、ずっと遊びたい!と思ってきた。

つい先ほど45分ほどプレイし、4日目まで進んだのだが、ものすごくこのゲームについて(ネタバレなしで)語りたくなったので、ここぞとばかりにブログで思いの丈をぶつけたい。

 

 

まず、ものすごく面白い。

それを言いたい。

Switch版は1,180円(安い!)なのだが、これは確実に元がとれる。

いや、値段など関係ない。

ほんとに訳分からない、その分からなさがめちゃめちゃ楽しいのだ。

 

 

まず、冒頭からいきなり女性が登場し、一方的に何か話し続けた後、いなくなる。

そこからゲームスタート。

知らない家の中に一人放り出され、もう途方に暮れるしかない。

何したらいいの?

とにかく手当たり次第に調べてみる。

そして家の中を歩き回る。

彼女を見つけ、一緒にあちこちを見て回りながら、「あれは何?」「これは何?」とひとつひとつを調べていくのだが、彼女はこちらが話を理解していないことが分かっていないのか、めちゃめちゃ話し続ける。

ストップストップ!と言いたいのだが、彼女はバーッとなにかを話し続け、「~~?」となにやら質問までしてくる有様。

分からんわ!

 

 

開発者インタビューを読んだのだが、ひとつの会話は3つの単語だけで成り立つようにしてあるらしい。

これが英語なら、「She is ○○」みたいな文章になるということなのだろうが、そもそも単語の順番が(文法が)そうなっているとも限らないわけである。

とにかくあれこれクリックして、彼女からできるだけ短めの文章を引き出して、「これは固有名詞っぽい!」という単語に「椅子」とかを当てはめていく。

もう完全にオリジナルストーリーを組み立てている感じ。

これは違うだろうなと思いながらも、いや、もしかして……とわずかな可能性にかけて単語を推測していく。

とはいえ、この単語はこれだろう!と思ったら次の会話で、速攻でつじつまが合わなくなったりしてガックリする。

 

 

そんなこんなで試行錯誤を繰り広げているうちに、あれ?これ合ってるっぽい!という単語が見つかる。

これはめっちゃうれしい。

パアッと目の前が広がる感じ。

分かる!彼女の言っていることが!

そう、そういうことだよね!そうそうそう!

そうすると芋づる式に他の単語も分かってくる。

やった!

とはいえ、続く長ゼリフがまったく意味不明で、またガックリ来るのだが……。

 

 

彼女のことを、自分は「フィオナ」と呼ぶことにした。

これはただなんとなくつけた名前なのだが、そもそもこのゲームで彼女の名前って知る手段があるんだろうか?

ひょっとして最後まで分からないんじゃなかろうか。

とにかく、自分とフィオナの7日間はこうして始まったのであった。

 

 

めちゃくちゃ面白いので、みなさんもやってほしい。

以上、語りたくて仕方ない最速ファーストインプレッション(プレイ時間45分)、気が済んだのでこれにて終了する。